多様な薬と葉と瓶
  • ホーム
  • ピルの開始日は目的によって違う?

ピルの開始日は目的によって違う?

両手で持たれる薬

避妊を目的としてピルを服用する場合には、通常は生理開始日の服用を開始します。
この場合は、1日目から避妊効果を得られます。
開始日が遅れた場合や、週末に生理が重ならないように日曜日に飲み始める場合には、最初の1週間は他の避妊手段と併用します。

生理日の移動を目的とする場合には、次のように服用します。

生理日を早める場合には、生理開始後5日目までにピルを飲み始め、早めたい日まで飲みます。
ピルを中止後、2~3日で生理が来ます。
早める場合には、生理を避けたい日にピルを飲む必要がないのがメリットですが、早めに飲み始める必要があるので、早めに婦人科を受診します。
生理日を遅らせる場合には、生理予定日の5日前から、生理を避けたい日までピルを服用します。
服用中は生理が来ないので、確実に遅らせることができるのがメリットです。
ただし、吐き気などの副作用が生じた場合には、旅行や行事などの期間中、不快な症状を我慢する必要があります。

この他、月経困難症や子宮内膜症の治療や予防を目的に、ピルを処方する場合もあります。
一般的に、避妊目的の場合と同様、生理開始日から毎日服用しますが、個々のケースごとに異なることもあるため、医師の指導に従ってください。

また、不妊治療で使われることもあります。
体外受精のために、排卵スケジュールを調整したり、排卵誘発剤を使う際に卵巣に卵胞を残さないようにするなどの目的で使用されます。
また、採卵後にホルモン補充をして、受精卵が着床しやすくする目的で処方されることもあります。
この場合は、開始時期などを医師から指示されますので、それに従ってください。

また、万が一避妊に失敗してすぐに妊娠を開始しなければならない場合はモーニングアフターピルを使います。
レボノルゲストレルという黄体ホルモンが受精を阻害する作用や受精卵の着床を阻害する作用があります。

モーニングアフターピルの効果は行為後に早く飲めば飲むほど高くなるので、こういった事態に備えて通販などで事前に用意しておくのが望ましいでしょう。
記事の下にモーニングアフターピルの購入先を紹介しておきますので興味がある方は確認してみてください。

どの目的の場合も、服用期間中は、ピルを毎日同じ時間に飲むようにし、飲み忘れのないように注意してください。

関連記事
人気記事一覧